知って得するクレームの矛先

クレームはどこに言うといいのか

書面を取りましょう

書面というとちょっと大げさなのですが、施工前の打ち合わせの段階で気になることはメモを取りましょう。
「施工前にこのようなことがあるかもしれません」や「ここは大丈夫です」というようなことを言われたということをメモを取りましょう。
本当に信頼できる業者でも予防をしておくにこしたことはありません。
売り上げを上げたいのであれこれといいように話をしてくる営業はたくさんいます。
言った言わないのトラブルが一番多いのです。
書面に起こさせてこのようなことがありますと書かせるのもありです。
書面を書くことに渋る業者も多いと思いますが、書いてくれる業者は安心していいと思います。
まずは書面を起こしてトラブルを未然に防ぐことが重要です。

契約書類を確認しましょう

契約をする前に書類を確認しましょう。
契約書類を始め、その他関係する書類をチェックしましょう。
契約書類を隅々までチェックして必要なところは質問をしましょう。
リフォームは決して安い買い物ではありません。
リフォームを行う際には気になるところはきちんと確認をしておきましょう。
トラブルに遭うときに最も多い例が事前の確認不足です。
打ち合わせの段階できちんと確認をしておかないとトラブルに遭う可能性があります。
どんなに信頼できる業者でも予防はしておくことにこしたことはありません。
先述した通りですが、書面をきちんと取り、再度業者との確認を取り、言った言わないといったことがないようにしてリフォームを行いましょう。


この記事をシェアする