リフォームの出来に関する意見・クレームはどこに伝えると良い?

知って得するクレームの矛先

クレームはどこに言うといいのか

リフォームを行う際にはきちんと確認をしてもらいたいところがあります。 それは口頭で契約をしないことです。 言った言わないの契約が一番トラブルのもとになります。 口頭で約束を交わすのではなくきちんと書面に起こして確認をしましょう。 そして契約前には再度確認をしましょう。

契約前に現物を見ましょう

リフォーム前に現物を確認できるものは現物を確認しておきましょう。 契約をしてから違ったと言わなくていいように、カタログだけで判断するのはやめましょう。 予防できるところは予防をしていきましょう。 ここでは契約前に予防をするために出来ることを説明していきます。

言った言わないが一番怖い

クレームを言う際にはどこに言うといいのでしょうか。
リフォームを依頼した会社へ言えばいいのでしょうか、それとも施工業者に言えばいいのか。
工事を行う際はいろんな業者が絡んでくるのでどこに言えばいいかわかりにくいですよね。
ではどこへ言うといいのでしょうか。

順番として言えばまずは依頼先の会社へ言ってみてください。
その後、弁護士やその他の専門の相談機関へ相談をしてみてください。
まずは依頼先の会社へ言う事が1番です。
それも早ければ早いほどいいです。
早く言えば早めの対処が望めるからです。
施工業者がミスをしたとわかっても依頼先へ言ってください。
施工業者では依頼先から仕事をもらっているからとしてくれない可能性があります。
まずは依頼先の会社へ責任を取ってもらいましょう。
また、その施工業者でやり直しをしてもまたやり直しというような、らちが明かない場合は別な業者に変更をしてもらうように言ってもいいと思います。

依頼先の会社へ言ってもらちが明かない場合は最終的には弁護士や相談機関へ話をしてもいいと思います。
ここはどうしようもないときの最終手段です。
裁判を起こすくらいの覚悟で相談をしてもらえればと思います。
しかし、費用ももちろん掛かるのであまりにもひどい対応を受けたときの最終手段にしてもらいたいと思います。

クレームを言う事の無いように事前の打ち合わせなどをきちんとして気持ちのいいリフォームを行ってもらうことが重要だと思います。
確認するところは確認をして事前に予防策を立てておきましょう。

対応してくれない場合は

予防をして契約をしても、実際に着工をして引き渡しまで時間がかかり、その間に工事ミスなどもあり得る話です。 是非引き渡しまでの間、工事の様子を見ておいてください。 その後、引き渡し時には隅々まで仕上がりのチェックをしてください。 クレームを入れてどうしてもダメな場合は弁護士へ相談をしてみましょう。